食品で体の内側から日焼け対策

食品で体の内側から日焼け対策

日焼けが気になる時期、日焼け止めクリームやUVカットグッズなど、様々な方法で日焼け対策が行われます。
このような紫外線グッズの活用も効果的ですが、普段の食事で体の内側から日焼け対策をするのもオススメです。

日焼け対策に効果的な栄養素として挙げられるのが、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCです。
ララルーチュレジーナ効果あり
ビタミンAは高い抗酸化作用を持っており、肌の老化を内側から予防してくれます。また、肌のハリの元となるコラーゲンを作り出すサポートをし、紫外線に強い肌を作ります。
ビタミンAが多い食品として挙げられるのが、肉類、特に肝臓などの内臓に多く含まれています。

ビタミンEは単体で抗酸化作用を持つ成分で、紫外線による活性酸素の増加を効率的に防いでくれます。
ビタミンEが多い食品として挙げられるのが、植物油、ナッツ類です。

ビタミンCは、日焼けによるメラニン色素の生成を抑制し、肌の黒ずみやシミを予防してくれます。その他にも美肌作りに効果的な成分で、美容には欠かせない成分です。
ビタミンCが多く含まれている食品として挙げられるのが、赤ピーマンや黄ピーマン、いちご、レモンです。

Categories: 未分類