スプレータイプの日焼け止めを使う際の注意点

スプレータイプの日焼け止めを使う際の注意点

手軽に使えるのが便利なスプレータイプの日焼け止めですが、使うときにはいくつか注意点があります。
今回は、NGなスプレータイプの日焼け止めの使い方をご紹介します。以下のような使い方をしないように気を付けましょう。

スプレーの噴射した液は、広範囲に付着してしまいます。間違えて粘膜部分に噴射してしまうと、刺激に弱い粘膜を傷付けてしまう恐れがあります。
粘膜がむき出しの顔部分にはスプレーを使わないようにしましょう。首元や髪の毛に噴射するときは、目や口、鼻にスプレーが入らないように気を付けましょう。
ララルーチュレジーナ 効果なし
スプレータイプは噴射する力が強いので、肌に近付け過ぎたり、同じ場所に続けて使い続けると肌にダメージを与えてしまいます。
スプレーを噴射する場合は、肌からある程度離し、同じ場所に噴射し続けないように気をつけましょう。
また、スプレータイプはクリームタイプと違って、手に取らないで肌に噴射するものです。このため、塗りムラが起こりやすいというデメリットがあります。
塗りムラは日焼けの原因となります。噴射した後は手を使って、肌全体にしっかりと伸ばすようにしましょう。

Categories: 未分類