赤ん坊向け正しい日焼け止めの使い方

赤ん坊向け正しい日焼け止めの使い方

紫外線ダメージは、肌が未発達の赤ん坊にとって、大人よりダメージを受けやすいものです。赤ん坊に対する日焼け対策の意識は年々高まっており、近年ではベビー用日焼け止めも販売されるようになりました。
今回は、赤ん坊に日焼け止めを塗る際の正しい使い方についてご紹介します。
ララルーチュレジーナ 効果
日焼け止めを塗る場合、肌が露出している部分全てにまんべんなく塗るようにしましょう。
紫外線量が増える時期は気温も上がり、赤ん坊も薄手の服になります。肌が見える部分には、ムラなくしっかりと日焼け止めを塗ってあげましょう。

赤ん坊は体温が高く、汗をかきやすいです。日焼け止めは汗で流れ落ちてしまうので、こまめに塗り直すようにしましょう。
外出先に持ち運べるサイズの日焼け止めを持って行くと安心です。

日焼け止めを塗っても、紫外線量が多かったり汗で気が付かないうちに流れ落ちてしまい、紫外線ダメージを受けてしまうこともあります。
日焼け止めを塗ったからといって安心せず、日陰を歩いたりタオルや日除けを使い、なるべく紫外線に当たらないように気を付けましょう。

Categories: 未分類